×

こまがね大使村プロジェクト動画メッセージ

駒ヶ根大使村プロジェクトは地域住民と駐日各国大使館との絆を作り、草の根レベルの国際交流を発展させ、双方が継続的に交流を深めることで、地域の活力と特色を創出し、交流人口の増加を図ることを目的に2018年に活動を開始しました。取組以来、毎年、こまがね大使村まつりを開催し、これまでに7か国の駐日大使と5か国の駐日大使館にご参加いただきました。今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で物理的な交流はできませんが、これまで大使村プロジェクトにご協力いただいた大使又は大使館よりメッセージをいただきましたので紹介します。

  • ネパール連邦民主共和国大使館

    駒ヶ根市の国際協力友好都市ポカラ市のあるネパールの駐日大使プラティバ・ラナ閣下よりメッセージをいただきました。ネパール大使館からは大使村プロジェクトスタート以来、毎年、大使村まつりにトップ・ナラヤン・ギリ一等書記官にお越しいただき、市民の皆さんやネパール交流市民の会の皆さんと交流を深めていただいています。昨年は、中沢小学校5年生とポカラ市にあるスリ・サハラバル中等学校とオンラインで交流を深めました。

                       
  • ミクロネシア連邦大使館

    駐日ミクロネシア連邦大使ジョン・フリッツ閣下は、大使村プロジェクト開始以来、毎年、ご夫婦で「こまがね大使村まつり」にお越しいただいています。ミクロネシアブースでは、子どもたちとのじゃんけん大会や記念撮影などで交流を深めていただいています。

                       
  • バングラデシュ人民共和国大使館

    メッセージをいただきましたサヒド・アクタール経済公使には第1回の大使村まつりにご参加いただきました。以来、バングラデシュ大使館は毎年大使村まつりにご参加いただき、駒ヶ根にあるNPO法人バングラハートの皆さんや市民の皆さんと交流を深めています。

                       
  • ブルキナファソ大使館

    ブルキナファソ大使には第1回大使村まつりにお越しいただきました。以来、ブルキナファソ大使館には、毎年、大使村まつりにご参加いただいています。

                       
  • パラオ共和国

    パラオ共和国大使フランシス・マツタロウ閣下も「こまがね大使村まつり」開始当初から毎年ご参加いただき、パラオの文化や食べ物などを紹介するブースを出展していただいています。特にサバのココナッツミルク煮が参加者から好評でした。

                       
  • ベネズエラ・ボリバル共和国大使館

    以前にも駒ヶ根にいらしたことのあるベネズエラ大使には昨年の大使村まつりにご参加いただきました。駒ヶ根市ではベネズエラ発祥の音楽教育プログラム「エル・システマ」が実施されており、昨年の歓迎会では、このプログラムに参加する小学生が大使の前で演奏を披露し、大使は大変感激しておられました。

     

    準備中

大使館や諸外国との交流に関心のある皆様へ

駒ヶ根大使村プロジェクトはイベントでの市民と大使館との交流はもちろん、日常的、継続的に大使館又は諸外国の機関との関係を作りだすことを大きな目的として活動に取り組んでいます。このプロジェクトにご関心・ご興味のある方は、実行委員会までご連絡ください。青年海外協力協会(JOCA)と市がサポートします。

想定される交流の例

  • ■A国大使館×飲食店:A国特産のコーヒーの販売。A国ランチなどの企画。
  • ■B国大使館×福祉施設:B国の魅力ある素材を使用した手工芸品の製作、販売。
  • ■C国大使館×学校:C国の学校との文化交流。成果品の発表。
  • ■D国大使館×ダンスサークル:D国の伝統舞踊を習い、披露。
  • ■E国大使館×カフェ:E国のコーヒーを提供。
トップページ

駒ヶ根協力隊を育てる会 事務局
(駒ヶ根市役所 企画振興課内)